所有の重機

泥上掘削機0.7立方メートル型

河川、湖沼、水路等の超軟弱地や湿地帯でも、泥上掘削機によって、陸上同様の 作業能力で、大きな信頼にお応えします。

従来の機械では進入が困難だった河川や埋立地などの超軟弱地でも、本機は大きなフロート構造の足まわりを採用し、0.111kgf/cm2の超低接地圧を実現。超軟弱地への進入を可能にしました。しかも、充分な浮力を有するため、水上浮航も可能。
そのため、河川・湖沼改修工事、埋立工事、干拓工事などでの、築堤、排水路掘削、浚渫作業など、幅広い作業が行なえます。

水陸両用大型泥上掘削機

  • 全油圧駆動式のため、操作が容易に行なえます。
  • ワイドな作業範囲を確保。
    また、バケットをはずし、地盤改良のベースマシンとしてもご活用いただけます。
  • 直結式油圧走行モータを採用。優れた機動性を発揮します。
  • 分解が容易な構造で、輸送も簡単に行なえます。

排砂管設備設置・撤去

地盤改良

海浜浚渫

素堀水路堀削

泥上掘削機0.7立方メートル型


施工状況 バックホウ1.0m3級+ハイドロブレンダー装着

クレーン付台船

主に海上での浚渫や施工の基地として活躍します。大型のクレーンやバックホウを搭載でき、ウインチや発電器をはじめ施工に必要な機器も装備しています。

クレーン付台船・五港101

  • 積載重量:600t
  • ウインチ:2連×2基
  • 発電機:1台
  • サイズ:30.0m×13.5m×2.03m

揚錨船(第1・第2いかり丸)

水上作業で不可欠なアンカーの上げ下ろし他、現場視察や要員送迎等、小回りのきく足の役目も果たします。

第313いかり丸

第2いかり丸

組立台船

主に河川や湖沼での浚渫や施工の基地として、バックホウや必要機器を搭載して活躍します。個別に陸送が可能で狭い河川等でも組み合わせ次第で幅と長さが自由に対応でき、用途は多大です。

  • サイズ:9.0m×3.0m×1.8m  ×9個